株で効率的に利益を出すためによく投資顧問というものが利用されていますが、その投資顧問の評判を見たことはありますか?物事には成功と失敗が常に存在していて、株にもそれが当てはまります。投資顧問の中には悪徳な投資顧問もいますので、どんな会社で、評判はどうなのかをしっかり見て選びましょう。また初心者でもできる株のテクニックも併せて紹介します。

投資顧問は上手に利用すれば投資において非常に効率的に行うことができる貴重な情報源となりますが、選び方を間違えると投資に失敗する確率が非常に高くなる厄介なものでもあります。
特に初心者の場合には投資顧問会社の情報を鵜呑みにすることが多いのですが、中には詐欺まがいの情報を提供するところも多いためその情報についてしっかりと自分で確認をしてから投資を行うことが必要です。
また投資の情報に関してリスクも含めて提供してくれる会社を選ぶことが失敗しない秘訣です。

投資顧問会社の評判が二極化する理由

近年は銀行預金の金利が低いため資産運用を行う際には銀行預金だけでは十分な利益を得られないとして多くの人が株式投資や外貨預金といった利率の高い商品を購入し、様々な投資を行うことが増えています。
しかしこの中には初めて投資を行うと言う人も多く、より確実な投資を行うために様々な情報を得ることに注力することが少なくありません。
その中で投資顧問会社は適切な助言を行い、投資を効率化できるとして多くの人に利用される傾向が強まっています。

しかし投資顧問会社の中には自社の利益を追求するために様々な誇大広告を行い、会員を増やそうとしているところも少なくありません。
そのため他社が取り扱わない危険な銘柄を取り扱ったり、非常に大きな利益を生む銘柄を紹介したりするところも増えています。

投資顧問会社の基本的な業務は投資家に対し自社のこれまでの経験や知識を踏まえてより安全で確実な利益を生み出す銘柄を紹介することですが、現代の投資ブームにより投資を行う人が増えたことから投資顧問会社も非常に増え非常に激しい顧客獲得競争が起こっています。

これらの会社は会員を増やすことで利益を上げることができるため、より多くの会員を獲得するために他社が扱わないリスクの高い商品を扱い、顧客に高い評価を得ることを目的とするところも増える傾向にあります。
しかしこのような銘柄は高い利益を得ることができる可能性がある代わりに大きなリスクを負っていることもあり、この点を適切に顧客に対して説明しないまま投資を行わせ大きな損失をもたらしてしまうことも多いのです。

投資顧問会社の中には確実な情報を、リスクを踏まえて提供し堅実な投資をサポートしてくれる会社も少なくありませんが、自社の利益を追求し高いリスクを隠して情報を提供するところも少なくありません。

悪質な投資助言業者の詐欺手口とは

投資助言業者の提供する情報は決して投資家にとって有利な情報ばかりではありません。
投資をする側にとっては高い利益を得ることができる銘柄を紹介してくれることが最も嬉しいものですが、同時にその銘柄に対するリスクをしっかりと提供してくれることも重要です。
しかし悪質な投資助言業者は銘柄の魅力ばかりを訴求し、そのリスクを隠して投資を行わせるところも多いのです。

悪質な投資助言業者の詐欺手口としては損をするリスクを隠し必ず儲かると言う印象を与えてリスクの高い銘柄を紹介し投資を行わせるものです。
投資経験の豊富な投資家であれば利益性の高い銘柄はほとんどと言って良いほど高いリスクを持っており、そのリスクを回避するための様々な方策も考慮するものですが初心者はリスクについての意識が薄いため、利益性にばかり目が行き高額の投資を行って大きな損失をしてしまうことも多いのです。

投資を行う際には様々な情報を様々なところから得て総合的に自分で判断することが必要ですが、悪質な投資助言業者の場合には投資家に対して他の情報を得られないような方策を行い、投資をさせることも多いので十分な注意が必要です。
また自らの利益につながる銘柄を紹介し多額の投資をさせその利益を横取りするといった非常に悪質な詐欺行うケースもあるため、この点にも十分な注意が必要です。

悪質な投資助言業者の詐欺手口には様々なものがあります。
最も危険なものは角の銘柄に関する情報を提供しその投資を全て自ら横取りするものです。
自分で銘柄の存在をしっかりと確認しておけばこのような詐欺には騙される事はないのですが、初心者は銘柄の知識も薄いため充分に注意しないと騙されてしまうこともあるので気をつけることが必要です。

投資顧問の助言は役に立つのか

投資顧問は投資に関するアドバイスを行うことが主な仕事であるため、金融商品に関する知識が非常に豊富なことから適切な情報を提供してくれる非常に頼りになる存在であると考えている人が多くなっています。
実際に多くの人が投資に興味を持ち資産を効率的に運用しようと考えている現代では金融商品に関する知識をあまり持たないまま投資を行う人が多いため非常に重要な存在です。

このような投資初心者にとっては専門的な知識を持つ投資顧問の助言は非常に役に立つものです。
これまでの銘柄の経緯や価格の推移の傾向などもその経験からよく知っているため、適切な情報をしっかりと受けることによって自分で調べて投資を行う場合に比べ時間の短縮が図れるとともに効率よく良い銘柄に投資を行うことができます。

ただし投資顧問の助言を効率的に生かすためには良い情報だけではなく悪い情報もしっかりと確認することが必要です。
多くの投資顧問は投資家に投資を行わせることで自らの利益につながる仕組みとなっていることが多いので、基本的には投資をさせるための投資家にとってメリットのある情報を提供することが中心となります。

しかしこの情報だけで投資を行うと万が一その銘柄がトラブルを発生させた場合などリスク回避を行うことが難しく大きな損失を出してしまうことになります。
そのため投資顧問の助言を受ける際には良い情報だけでなく悪い情報もしっかりと提供してもらい、総合的に判断をして投資を行うことが非常に重要です。

このような総合的な情報を提供してくれる投資顧問を選ぶことで役に立つ情報を得ることができるようになり、万が一の場合にも被害を最小限に抑えることができるのです。
そのため信頼できる投資顧問会社を選ぶことが必要です。

投資顧問を利用するときは必ず参考程度にする

投資顧問会社にはしっかりと投資家をサポートしてくれる業者と、自社の利益を追求するために詐欺まがいの情報を提供する悪質な業者が存在するためこの両者を見分けるコツをしっかりと習得することが必要です。
そのポイントとしてはリスクに関する情報を確実に提供してくれるところを選ぶことが必要です。

見分けるコツとして評判を確認するのも非常に有効な方法です。
多くの人が利用し、評価の高い投資顧問会社であれば適切な情報を提供してくれる確率が高く、万が一の場合にも被害を最小限に抑えることができるのです。

また、悪質な投資顧問会社は必ず儲かるなどといった誇大広告を大々的に行っていることも少なくありませんが、投資を伴う金融商品は必ず儲かると言う事はありえないため、このような誇大広告を行っている業者は避けることが必要です。
このような広告はすべて誇大広告であると言う認識を持つことが重要です。

さらに投資に関する被害を少なくするためには投資顧問から得られる情報は必ず参考程度にすると言う認識を持つことが必要です。
投資顧問はあくまでも投資家に対して様々な銘柄の情報を提供し投資をサポートすることが主な仕事であるため、損失を出してしまった際の責任は一切負わないのが基本です。
そのため詐欺のような情報を提供しても法律的に処罰される事はありません。

投資顧問を利用する際には、投資に関する被害は全て自己責任であると言う認識を持ち、情報はあくまでも参考に留めて自分の判断で投資を行うことが最も大切です。
金融商品を利用する場合には全て自己責任で行わなければならないと言う認識を持ち、投資にはリスクがつきものだと言う認識を持つことで被害を最小限に抑え効果的な投資を行うことができるようになります。

記事一覧
株主優待目的で投資をする主婦が増えている

最近は株主優待を目的に株に投資する主婦が増加しています。株主優待は、所定の時期に一定数以上の株を保有 ...

ハイリスクハイリターンで攻めるなら仕手株

株式投資は過去のチャートパターンから今後の株価変動を予想するテクニカル分析や企業の財務情報から将来の ...

株初心者は投資信託から始めてみるのも良し

株式投資に「大損するかもしれない」と抵抗を感じる株初心者も多いかもしれません。確かに銀行等の預貯金の ...

悪徳でなくても行政処分を受ける投資顧問会社もある

行政処分と言えば、悪徳業者に下される処分だと考えている人も少なくありません。悪徳とは、顧客をはじめか ...